依存性がある睡眠薬でも依存症にならないコツ

今日の世界においては睡眠に悩みを抱える人が多くなっています。なかなか眠れなかったり、眠ることはできても何度も夜中に目が覚めてしまったりということが起こると大きなストレスになります。また、眠れているはずなのに朝起きても元気になれないということもよく見られる現象であり、こういった睡眠に関わる障害が生じると日中の活動にも支障が出て生活の質が低下してしまいます。そのため、病院を受診して睡眠薬を処方してもらい、睡眠について悩まなくて済むようにしてもらうということが広く行われるようになっています。しかし、睡眠薬を用いることで眠れるようになるということを学習してしまうと睡眠薬に対して精神的依存が生じてしまうことになります。よく用いられている睡眠薬には依存性があることが指摘されています。依存性のないとされる睡眠薬であっても、それにすがるようになってしまうことはあるでしょう。そうなってしまう睡眠薬がなければ生きていけない状況になってしまいます。そういった状況を回避するには使用方法にコツがあります。基本的には連日服用しないということがそのコツであり、それによって依存性がある薬でも依存症が生じずに済みます。多くの睡眠薬は服用と続けていくとだんだんと耐性ができてきてしまうため、服用量を多くしなければ眠れなくなってきてしまいます。そうなると副作用も大きく出るようになるため、依存症の症状も強くなり、止めた際に離脱症状を伴うようになってしまいます。しかし、服用せずには眠ることができないという人も多いのが事実です。そういった場合には作用のメカニズムが違う薬を処方してもらうのがコツであり、それによって耐性が生じないため依存してしまうリスクを下げることができます。



ページトップへ